若い人程腸年令が高い

若い人程腸年令が高い

ラクトフェリンは体の不調を感じている年配者のもの。そう感じている方もいるかもしれません。実は若い人こそ腸年令と実年令との差が大きいことがわかっており、20代でも40代の腸のように老化しているのです。若いからと油断している方も多いのでしょうが、腸の老化はさまざまな体の部位にまで影響を及ぼすため、20代こそラクトフェリンが必要だといえるでしょう。
ヤクルトが腸の健康を調査したところ、20代でも40代の腸の人が多く、30代なら50代と、どの年令でも腸が衰えている人が多いことがわかりました。食生活の欧米化やストレス、飲食なども影響しているのかもしれません。日本食離れが進み、発酵食品を食べる機会が減ったのも原因ではないでしょうか。
若い方が明日から食生活を変えるといっても難しいため、ラクトフェリンを飲むだけの方法はおすすめです。ラクトフェリンは悪玉菌を減らし善玉菌を増やして腸内フローラを整えます。悪玉菌はゼロにはできませんから、毎日の食生活やラクトフェリンサプリでできるだけ減らしていきましょう。
腸内環境の悪化は、大腸がん・アレルギー疾患・脳にも影響が出ることがわかっています。若い方はダイエットで食事の量が少ないのも腸内環境が乱れる原因のひとつでしょう。