ヨーグルトは効果がある?

ヨーグルトは効果がある?

市販の商品のなかには、ヨーグルトや牛乳にラクトフェリンが加えられたものがあります。これらは腸溶性のラクトフェリンを使用していませんから、胃で壊れてしまい腸まで届く可能性は低くなります。なかには100〜200mgと多くのラクトフェリンが添加した商品も見られますが、胃で分解されてしまえばほとんどが消失されてしまうのです。
胃に入ってきたラクトフェリンはペプシンにより分解され、アミノ酸やペプチドまで分子が小さくなります。この状態で腸に届いても意味がなく、腸内細菌を整える働きが弱くなります。しかし、ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれていますから、まったく効果が得られないわけではありません。
これらの食品は嗜好品として楽しむと良く、おやつ間隔で毎日ラクトフェリンを取り入れたい方に便利です。胃で壊れたラクトフェリンが腸まで届き良い作用が出るかは、研究者のなかでも賛否両論となっています。森永乳業では壊れても抗菌作用は持つとしており、食べ続けることで腸内環境が整う可能性はゼロではないかもしれません。
どちらにしろ、腸内環境を整える効果をしっかり実感したい方は、腸で溶けないものを選ぶべきです。ヨーグルトでそのような商品を見かけたら利用してみましょう。