便秘対策に使う

便秘対策に使う

ラクトフェリンは便秘対策としても使うことができます。なぜ便秘に効くのかは正確に解明されていない部分もありますが、腸内環境を整え善玉菌を増やすため、便秘が解消できると考えられています。
ラクトフェリンは悪玉菌が生育する環境を阻害するため、大腸菌など毒素を出す菌を減らすことができます。善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌には影響せず、逆に増やす働きが期待できるため、結果的に腸内環境が整い便秘が治ります。
ラクトフェリンは最初、量が多すぎるとお腹が緩くなることがあります。これは腸内環境が変化したためで、一時的に腸内の水分量が変化しているからです。1週間ほどすると腸の環境が整い、便秘の場合も下痢しやすい方もちょうどよい便に変わってきます。
さらに市販のラクトフェリンサプリメントには、乳酸菌やオリゴ糖などが含まれることが多くなっています。これらは善玉菌を増やす作用があるため、ラクトフェリンと相乗効果にて腸内環境を整えます。単品でとるより、複数の善玉菌を増やすものを一緒に取り入れたほうが効果的です。
ラクトフェリンは便秘が改善されるだけでなく、便臭やオナラのニオイが改善したという声もあります。